スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番の悲劇って・・・・

まだ何かあるの??????

























そう、あるんです。


ぼくちんにとって1番の悲劇とは・・・・・?











































3年間頑張って来たのに・・・・・
せっかくいい役を貰ったのに・・・・・




役を降りました。 




ママちゃんと二人、先生に話しに行きました。
痛みは神経ブロックの注射でなんとか押さえる事は出来るのですが、
将来的な事を考えると・・・

今、無理をして取り返しのつかない事になったら・・・ 

それこそ大変な事になります。
役者になりたくて頑張っているのに・・・
ここで無理をする事は無いと判断したのです。
しかしそれは、ぼくちんにとっては辛い事でした。
何の為に3年間頑張って来たのか?
ぼくちんの自問自答は続きました。
  
   で、

出した答えが 「 役を降りる 」 と言う事でした。

と言ってもまるっきり降りるわけではありませんが・・・。
ミュージカルなので、踊れないのは致命的ですが、
芝居は出来るので、芝居と唄のみ・・・ 
終演後、舞台の上で泣きながら挨拶する生徒達。
3年間の思いがどっと溢れて来るのでしょう。
その中で、一番辛かったのは ぼくちん だったのでは?
そう思わずにいられないママちゃんの目にも涙が・・・・ 










友紀さん

これも経験ですと言えばそれまでですが… 



かぁさん

はぁ~  これが一番です。



とくさん

目に見えて痩せて行くのが辛かったです。(元々細いのに…)









スポンサーサイト

想像してみて下さい・・・

それからの日々は? 

普通なら2日目位から効いて来ると言われた十二指腸潰瘍の薬は
4日経ってもいっこうに効く気配がありません。 
どうやらこの病気は、おなかが空くと めちゃくちゃ痛むらしい… 
夜中になると とっても痛むらしい… 

それでもなんとか薬の効果が表れて、おなかの痛みが取れたのですが、
今度は腰の痛みが浮上して、横になるのも辛いらしい…。

そこで、ママちゃんは調べました。
“ 挫骨神経痛の痛みを治すのには? ”
ペインクリニック』 なんか聞きなれない言葉がヒットしました。
神経ブロックに麻酔注射をして痛みを一時的に麻痺させる治療を行う所でした。
そういえば  スポーツ選手が痛み止めを打って試合に出場した!
な~んて聞いた事がありますが、そう言う事だったのかぁ~?
ママちゃんは、普通に頭痛薬みたいなのを想像していました。
調べてみると、近くの大学病院に名医がいるらしいのです。
早速行ってみると・・・・・・





凄い人         ・・・



若い人がぁ~~~いない~~~ 
おまけに、朝の8時から行って、治療してもらったのは午後の3時 
疲れるの何のって・・・ 



初めての頃は注射をしてから1時間横になっても、
歩こうとするとフラついていました。
でも、この神経ブロックはかなり効果があります。
腰の痛みが引くと、



   膝の裏が痛いって・・・!
つまり、前回書いた不等式が成り立つのです。

ガングリオン < 坐骨神経痛 < 十二指腸潰瘍




ぼくちん


17歳


ピンチです。



学校はモチロン  送り迎え 
都心ある学校までは結構遠いし、
送った帰りは朝の渋滞に捕まったりするのです。
おまけに食事療法・・・
高蛋白・高カロリーで消化の良い物!!
シチューや茶碗蒸し、お刺身。
繊維が少なくて、消化に負担のかからない物がいいのです。
それだけでもかなり大変でしたが、
ぼくちんの悲劇はそれだけでは止まらないのでした。

潰瘍が悪化したらどうしよう?と思わずにはいられないママちゃんなのでした。






ホアリーさん

そうなんです。  17歳でした。

三重苦

三年間の集大成ともいえる公演の練習が始まった時に、
演出の先生が「バクテンをやってみろ!」って言ったのです。
ぼくちんは小さくて身が軽い・・・だから出来るって・・・。
早速言われたとおりに・・・?  
どうやればいいのさ!!
取り合えずバクテンの出来る人に指導をお願いしたのです。





が、







がぁ、






かなり怖い!!
その時の頑張りがたたったのか・・・・  腰を痛めてしまいました。
その前にも、ぼくちんは膝の後ろが痛いって訴えていたのですが、
ママちゃんも仕事を持っていたのと、学校が、朝早くから遅くまで・・・
聞き流してしまっていたのです。
腰を痛めて気が付くと、膝の後ろに変なしこりが・・・ 
どうやらダンスでも無理をしていたのか、
膝の後ろにゼリー(?)の様なものが溜まっていたのです。
あせったママちゃんは、膝の名医であるという先生を訪ねました。
お相撲さんや、バレーボールの選手が全国から集まって来るという病院。
自宅から高速自動車道を使って約3時間。
膝の後ろは『ガングリオン』という物が溜まっていました。
普通は、膝の所に出来るのだそうですが、
なぜかぼくちんは膝の後ろの筋にべったり!!
オマケに腰は、ヘルニアの疑いが・・・・  
翌日再検査でMRIを撮ることになりました。
その日の夜中・・・・








苦痛にのたうち回るぼくちん・・・・   
近くの救急病院へ連れて行くと・・・
どうやら胃潰瘍かも?とのお言葉!!






       





点滴をして、痛み止めを貰い、ひとまず帰りました。
だって・・・ここは地方だし・・・。
明日病院で胃カメラ飲んだほうが良いって言われたけど、
明日はMRIだし・・・ 
大パニックです。

結局翌日はMRIを優先。
腰は・・・『挫骨神経痛』 との診断が下りました。
 これって一生もの?
 可愛そうなぼくちん・・・・。なんて言っている暇は無い!!
それからが大変でした。
自宅に戻り近くの大学病院へ・・・






えぇ~~~  5分時間が過ぎたから、救急窓口へ行けって言うのです。
5分・・・ はぁ~~ 5分・・・・ 
救急診療の先生は、新米??
胃カメラのんだ方が良いと言われた事と、
MRIがあったので2日苦しんでいると伝えたのですが、
その新米医師は取り合ってくれず、
「胃カメラを飲んだ方がいいのではと思われる患者がいるのですが・・・」 と
胃カメラの予約を1週間後に取ったのです。
   ママちゃんはおこったぁ~   
今は落ち着いていますが、本当に痛みは凄く、救急病院(日赤)でも
潰瘍の疑いがあるって言われたのですって!! 
するとその医師は、もう一度連絡を取って
「明日の朝1番で来て下さい。」って言ったのです。







なんなのぉ~ 






翌朝、1番で胃カメラを飲んだぼくちん。
担当の医師に「よく我慢したね。かなり大きいし痛かったでしょう?」
と言われました。
「もう少しで穴が開くところだったね。」って・・・。
十二指腸潰瘍でした。
ママちゃんは、我慢出来ずに、前日の新米医師の話しをしました。
文句を言った所でどうにかなる物では無いのですが、
どうしても言わずにはいられませんでした。

飲み薬と食事療法・・・ 
最後の公演も間近だというのに・・・
膝・腰・おなか
ぼくちんの三重苦がはじまったのでした。




 ここで1つ・・・ 
膝にできたガングリオンより挫骨神経痛が痛く、
挫骨神経痛よりも十二指腸潰瘍が痛いって不等式が成り立つって事です。

ガングリオン < 挫骨神経痛 < 十二指腸潰瘍


それにしても、なんて不幸なぼくちんなの?
と思わずにはいられないママちゃんなのでした。










ママーマンさん 

カッコイイ・・・あははは・・・・ はぁ~ 
最近は dropout してしまう子が少なく無い世の中ですが、
楽しいのは本当に良かったと思いました。
ぼくちんが12月になって、急に進路変更して決めた学校でした。
じじばば巻き込んで家族会議まで開いて決めたのです。
自分で決めたなら何があっても頑張るだろう…って結論を出したのです。



ホアリーさん

あらあら演劇部でもそんなに大変なのですか?
げっそり痩せても打ち込む事が出来るって素晴らしいですよね。








ぼくちんの危機Ⅱ!!

学校では演劇を専攻!
発声・演技は勿論、バレエ・ジャズダンス・日舞、
声楽~演劇史に至るまで…
そのほかにも、照明・音響、大道具や衣装も全て手作り…
3年後の公演に向けて、取り組むのです。
朝は、5時に家を出発 
帰りは22時を過ぎてしまいます。
早朝練習と、居残り練習?って所でしょうか?
つまり、学校の授業だけでは足りないって事なのです。
勿論高校生ですから、国語や数学、英語・・・ 
ちゃ~んと勉強するわけです。

今も、初めて登校した日の事…覚えています。
玄関で、バタっと倒れ
「たのしかったぁ~」ってそこで寝てしまったのを・・・

3年間、本当に楽しそうでした。
その反面、数々の辛い事もありました。 
でも、でも…これからおこる悪夢の日々に比べたら…そんなのは序の口!!
危機どころか、悲劇としか言いようのない出来事なのでした。 



ぼくちんの危機!!

え~ぇ~・・・なかなかブログの更新が出来ません。 

てなわけで、ママちゃんのマネージャー業は・・・
好きじゃなければ絶対出来ない!!って事でひとまず チョーンチョン 



ぼくちんが芸能活動一切禁止の私立高校に入学してから
例のボコボコ事件を始め、色々ありました。
あの時・・・十二指腸潰瘍になっていたんですよね~ 
おなかがすくと痛いって!!
激痛が走るって・・・ 
そこでママちゃんは素人考えですが、
おなかがすくと胃液が出るから痛いのかな~?って・・・
必ずパンを持っていなさいってぼくちんに言いました。
どうやらそれが良かったみたいです。
その時の十二指腸潰瘍は、まだ小さかった・・・!!
本当の痛みはこの後体験するぼくちんなのでした。







とくさん

子役の場合はちょっと違うかも?です。
殆んどの場合、こんな子いませんか?って連絡きますから!!


naretaさん

ありがとうございます。
明日は日曜日なのに、ある子の取材に付いていかなければなのです。


ホアリーさん

いえいえ、ママちゃんの場合は、正式な社員ではないからですよ。
委託っていうか・・・中にはそういう人もいるかもですね。






プロフィール

ママちゃんより

Author:ママちゃんより
コメントの返事を公開して欲しく無い方は

koyakumama☆yahoo.co.jp
  ↑
☆を@に変えて下さいね。









最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。