スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友紀さんのコメントを受けて・・・

ぼくちんも姫も小さい頃から子役として、
TVや映画に出たり、舞台に立ったりしているので、
あまり気にした事はなかったのですが・・・

そうですね~家族がTVの画面の中にいるのですよね?
それをどう言う感じで見ているのか・・・と言うと・・・?


ん~やっぱり普通には見る事は出来ません。 





ダメ出しのオンパレード 





グチグチ・・グチグチ・・・気が付くとダメ出ししてる・・・ 



仲良しのお友達やママさん達には、
「やっとオーディション受かったから見てね~!」って

・・・またかよ~・・・  ってな感じで

無理やり見てもらっていたから…(笑)
きっと日常茶飯事の事だったと思います。
でも・・・
姫が某ドラマに受かった時、変わらずにいてくれたのは
そのお友達だけでした。

2クールOAの間、「myojo」「kinndai」…etc 色々な雑誌の取材を受けて
あきらかに周りの反応が変わりました。学校の先生や友達、後輩達も… 
例えば、一緒にスーパーに買い物に行くと・・・


ジロジロジロ・・・カートの中まで見てるぅ~ 


30%off・・・半額・・・ などの赤札狙いのママちゃん・・・
落ちつかな~い!! 


人気ドラマに出るって・・・こういう事なのかな?って・・・実感!
勇気のある子は声をかけてくれるけど、殆んどが遠巻きに見ているだけ。
写メの隠し撮りは…  声をかけてくれればいいのにって…!!


ママちゃんが心配したのは、受験だったので、お友達が出来るかどうか?
今までは、持ち上がりだったから・・・ 
姫は動物園のパンダになったみたいって!!
ママちゃんにも、知らないお友達が増えました 

何も変わっていないはずだけど・・・
なんか家の中まで落ち着かないママちゃんなのでした。





かぁさん

新聞は、カバーフィルムでカバーすると色褪せが防げますよ。
また北海道ですか?ご苦労様です。
映画楽しみにしていますね 


とくさん

頑張って下さいね。大丈夫、信じる物は救われる!! 






スポンサーサイト

お宝

TVスター名鑑 デビュー Jr.アイドル名鑑 アイドルデータバンク・・・
連ドラに出演したりすると、姫の写真やプロフィールが載りました。
親バカのママちゃんとしては、Get!! しないわけには・・・
TV情報誌とかにも色々載るので 買う!買う!買う!・・・
同じシーンの写真なのに  やっぱり 買っちゃうのです。 
名前が載っただけでも・・・だから…同じような雑誌が山ほど・・・(笑)
でもね、その時しか売っていない訳だから…買うっきゃないでしょぉ~ 



でも・・・



その雑誌を見るのもその時だけ・・・
いつの間にかタンスの奥に追いやられてしまうのに・・・
それでも集めてしまうママちゃんなのでした。






とくさん

はじめまして~♪
あらら・・・オーディション残念でしたね。
姫もぼくちんも本当に良く落ちました。(今も落ちてますが・・・)

= これが姫だぁ~!!気に入ったら使ってくれぇ~!! =

可愛い子は沢山いるわけだし、対抗出来るわけないし・・・
だったら本当に “ 素 ” のままを見て貰い、
気に入ったら取って・・・ってね!! ふふふ・・・





この年になって・・・・

ぼくちんに、朝ドラの話しが来ました。
実は、最初に同じ事務所の子が決まったそうなのですが、
プロデューサーさんがOKを出さないらしく、
仕切りなおしになったとか・・・? 
で、その子ももう一度呼ばれ、
オマケのようにぼくちんも呼ばれたわけなのです。
たまたま姫の撮影している場所の近くでオーディションがあったので、
久々の付き添い! 
人数もかなり絞られているので、もしかしたら?
なぁ~んて甘い事を考えていたその時。



ん? 


あの子達は・・・・? 


ジャニーズ!!! 



そうなのです。
ぼくちんもいつの間にか中学生。
ライバルにジャニーズが入って来る年齢になっていました。
ジャニーズという肩書きだけで、取れちゃうからなぁ~ 
演技が出来なくても、何でも“ ジャニーズ・ブランド ” は強い!!
今までNHKだけは視聴率を気にせず、
いい役者を使う・・・と言うイメージがあったのですが、
この頃から、随分変わって来ました。
アイドルは使うし、ジャニーズも・・・!!
しかし、ジャニーさんの策略は敵ながら天晴れ  なのです。
毎週、NHKのリハーサルスタジオを使って
ダンスとかのレッスンを行っているみたいでした。
つまり・・・情報を手に入れ安い・・・って事ですよね。
NHKに入り込もうとしているのが分かります。

それはさて置き・・・

オーディションが終わって、事務所に 
マネージャーさんがどんな様子?と聞くから、
ジャニーズの子が後から来ました。ッて言うと・・・
後ろで聞いていた社長が電話口にでて、
「あなたねぇ~!! そんな事言って我々を混乱させないで頂戴!!」



へっ? 

・・・聞かれたから答えただけなのに・・・




最初に決まった子が降ろされそうなので必死になってるのはわかるけど・・・
この年になって、怒鳴られるなんて・・・ ありえな~い!!
ちょっとムカつくママちゃんなのでした。






6月27日にコメントを入れて下さった I さん

ごめんなさいコメントに気付きませんでした。
3歳のぼくちゃんを・・・そうですか・・・?
このブログを訪れてくださる子役ママさんは結構同じ事務所みたいですよ。
かなりの大所帯ですし、思ったよりお金がかかるみたいですね。
最近では、記念にお子さんが主役のDVDつくりませんか?
な~んて話しもあるみたいですね・・・
なんか…ちょっと違うかな?な~んてママちゃんは思うのですが… 
ママさんが、お仕事を持っていらっしゃるとの事ですが、
オーディションやお仕事の時に付き添えれば大丈夫ではないでしょうか?
ママさんだけでなく、   
誰かが付き添えれば大丈夫でしょう。 
お子さんが入った事務所も基本的には、家族が付き人です。
特にまだ3歳ですし、お子さんとマネージャーでお仕事に行く事はありません。
実はママちゃんもお仕事していました。
でも、姫が仕事の時は、休んだり早退したり出来たのでなんとか行けました。
どうしても休めない時はマネージャーに相談したり、
友達のママさんにお願いしたり、ぼくちんに連れて行ってもらったりもしました。
頑張って下さいね。









続きを読む

姫の決意!!

子役・・・って・・・
 
まだ姫も小さかったので、役作りをすると言うより、
演出の方や、監督さんの言う通りに動く!!…が殆んどだったのです。
しかし、今回の時代劇は違っていました。
姫が主役 ” という回があったのですが、
演出の方と役柄について話し合いました。
役の上で、姫ならこういう時どうするのか?
       姫ならどんな気持ちになるのか?
その役を理解する為に時間を費やしました。

そういえば、今までそんな事した事なかったなぁ~?
主役の回を貰うまでも、指示通り動いていたし・・・。
そうです。それ以前は、台本を読んで頭の中で理解して演じ、
その子の人生を全部背負い込むまでには至らなかったと思います。
特に子役の場合は、監督さんが事細かに指示を出す事が多く、
動きも・・・表情も・・・台詞も・・・
だから、余計に・・・だったのかも知れません。

でも、でも、今回は違いました。
姫の役の履歴をきちんと引っ張り出すお手伝いをしてくれたのです。
確かに、役に入る前、簡単な役作りの履歴を教えてくれます。
たとえば、誰々の息子で、お父さんとお母さんはこんな人。
おうちはこんな感じの所で、お仕事は何をやっている…。
この子の性格はこんな感じ!!なんてね。
大人の役者さんなら、そこから自分なりに肉をつけて、
その人のここに至るまでの人生を描き、役作りをするのでしょうが、
まだまだ子供の姫はそこまで考えた事は無かったと思います。
ただ漠然と・・・元気な子・頭のいい子・おとなしい子…位しか!!
ですから…演出の方が姫を、一人の役者として扱ってくれた事に 

姫は変わりました。
今までとは役に対する取り組み方が違ってきたのです。
小学2年生・8歳の子が、他の時代の8年間を考える様になりました。

OA後の反応は驚くほどで、初めてのファンレターも頂き、
演出の方からは、モニターさんの感想も見せて貰いました。

そして、その時 “ 女優になる! ” と、心に決めた姫なのだそうです。






友紀さん

今でも、ぼくちんにとって最大のライバルは…姫でしょうか…?(笑)

ぼくちんゴメン!!

時代劇の撮影中に、ぼくちんにバラエティ番組のゲスト出演の話しが来ました。
役者やアイドルを目指す女の子達に監督や役者が講義をすると言う物。
ぼくちんは同じ事務所の先輩役者の補佐として抜擢されました。
何が決め手になったのか?というと、


泣ける・・・からでした。


でした・・・?


でしたがぁ・・・??


姫の方が泣くのがちょっと早かった!!


一発逆転ホームラン  姫に決まってしまいました。 


ゴメンね  ぼくちん!!
でも、こればっかりは仕方の無い事なのよね。

喜怒哀楽をその場で表現する瞬間勝負の生録画番組。
姫は泣くのに10秒かからなかったと聞かされました。
事務所にも、プロデューサーさんから、お褒めの電話が来たそうです。


そうそう、その時のMCがココリコさんだったのですが、
当時、ママちゃんも姫もココリコさんを知らなくて・・・
すると助監督さんが挨拶に連れて行ってくれました。
控え室に入ると・・・・


パンツ一丁で、床にうつ伏せに寝てる・・・ 


田中さん・・・・?(笑)


当時、ココリコさんは「笑っていいとも」のレギュラーもやっていて、
人気急上昇中のお笑いタレントだと知ったのは・・・
それから随分たってからの事でしたとさ 


それにしても・・・今だに役者さんの名前とか共演した人以外は
なかなか覚えられないママちゃんなのでした。 





友紀さん

事故のせいかどうかは分かりませんが、天気が悪かったりすると、
足や腰が痛くなったりするみたいです。
時々ペインクリニックで治療を受けています。 




プロフィール

ママちゃんより

Author:ママちゃんより
コメントの返事を公開して欲しく無い方は

koyakumama☆yahoo.co.jp
  ↑
☆を@に変えて下さいね。









最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。