スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくちんがんばって!

今回のミュージカルの仲間は、とってもいい感じ 
子役のママさん達ともすぐに仲良くなれて、
前回のあれは…いったいなんだったの~?ってな感じでした。

ただ…特に女の子はダンスや歌を習っている子ばかりで、
同じ年とは思えないほど上手なのです。

ぼくちんは~・・・おどれな~い 



今あの頃のビデオを見ると…
ちっちゃーい!かわいーぃ!で許せるのですが、
当時は他の子と、どうしても比較してしまって、
ぼくちんが1番出来ないって思ってしまうのです。
歌が上手いと言われ、ソロを貰ったりしたのですが、
やっぱり1番下手くその様な気がしてしまうのです…



自分の子なのに・・・



自分の子なのに・・・



褒められな~い 





結構他の子役のママさん達は、ダンスや歌のレッスンをきっちりしているので自分のお子さんに自信があったりするのですが、
何も習わせていないせいかママちゃんは・・・自信が無い!

やっぱりダンス  を習わせなければいけないのでしょうか?
な~んて思うのですが、
現実の金欠病は有無を言わせてくれないのです。
ゴメンねぼくちん。現場でしっかり教えて貰って下さい。



頑張れぼくちん!!



そして舞台は今回で終わりにして欲しいと…
心に思うママちゃんなのでした。






友紀さん

雪がとけるのも、もう少しですね。
北海道は本当にステキな所だと思います。
体調早く良くなると良いですね。



かのえさん

春休みしていました。
近いうちに連絡しますね。



Yさん

はじめまして。
全部読んで下さってありがとうございます。
お子さんの事とか是非教えて下さいね。


スポンサーサイト

おっかけぇ~?

そうそう、前回のミュージカルの時に初めて知ったのですが、
子供が出るミュージカルには追っかけがいるのです。
その殆んどが男性です。
公演初日はモチロン、何回も同じ公演を見に来るのです。
それも一番前の真ん中の席をGET 
( いったいどうやって毎回1番前の真ん中の席取るんだぁ~?)
・・・・・関係者のママちゃんだって取れないのに・・・。

さらに地方公演も泊りがけで見に行くのです。
・・・・・ママちゃんだって見に行きたいのに・・・。


ぼくちんに1通のファンレターが来ました。
地方公演を見にいった時の本人の写真入り 
ぼくちんまだ子供だし・・・親が読むって事考えないのかなぁ?
もちろん  や  も頂きました。

その人達は・・・
1つのミュージカルにだけ何回も行くのではありません。
時々お友達が出ている他のミュージカルを見に行ったりすると、
そこでも1番前の席にいるのです。(顔を覚えてしまったよ~!)
さらにその人達は、会場で見に来ている他のミュージカルに出演している子役を見つけたりすると、
帰りに追いかけて来て「写真を撮らせて?」って言うのです。



   で、


撮った写真は・・・・・?


どこかでまた会う時の為に・・・


そう・・・いつも持ち歩いているのです。



そしてどこかで会ったりすると「はいっ。」てくれるのですぅ~~


写真は綺麗に撮れているのですが・・・ちょっと引いちゃいます。



ぼくちんがミュージカルに出演した頃から12年・・・・
久しぶりに姫とミュージカルを見に行った時の事です。






いたぁ~~~・・・








まだ追っかけしてたんだぁ~? 



す・す・すごい・・・!!


みんな、随分年取ったけど・・・
着ている洋服の感じといい、本当にあの時のままですからぁ~!! 
確かに髪が薄くなったり、超ド級に太っていた人が半分位(それでも普通の人よりかなり太い…)になっていても・・・
本当に変わっていない!!

そこだけ・・・時間が止まっていたのでは・・・?

と思わずにはいられないママちゃんなのでした。




目指せ☆the☆ステージママ

ぼくちんはその夏もファミリーミュージカルで全国を回る事になりました。
そして姫は朝ドラの撮影・・・。



失敗だぁ~ 



2人が同じ時期にお仕事をする事になるなんて・・・。
姫は絶対に一人に出来ないし・・・。


結局小5のぼくちんには自立してもらう事になりました。
毎日の稽古にマネージャーさんは付いて来てくれないし・・・。
私立の小学校に電車で通っている子も沢山いる事だし大丈夫でしょう。
前回のミュージカルでも行きは一人で行ったし・・・。
と、ママちゃんは頭の中で理由付けをしていました。

今回のミュージカルは、小4~大1までの30名と大人の役者さん。
女の子が圧倒的に多く、男の子は5人だけ。
顔会わせの日に自己紹介をすると


えぇ~~~おとこのこぉ~?? 


やっぱり間違えられていたのです。
でもお姉さん達に可愛がってもらえそうな感じなので・・・


姫の朝ドラの撮影も順調に進み、毎回楽屋に押しかけて来たエキストラ君達も家族の部屋の中の撮影になったので来なくなりました。



でも・・・


はぁ~~ ママちゃんつかれたぁ~!!



目指せ the ステージママ !!


と思っていたけど・・・やっぱ無理みたい。 


2人のお仕事に付いていくのは楽しいけど、
実際の所一度お仕事に入ったら、家の中の事は何も出来ないし


そう言えば・・・

パパちゃん・・・?

パパちゃん・・・?


どうしたっけ?

存在を忘れてしまうほどお会いしていない事に気付いたのは・・・
それから大分随分たってからの事でした。


ゴメンなさい。







かのんさん

いらっしゃいませ。
ママちゃんの17年間の思い出ですがお付き合い下さいね。


かのえさん

そうそう、ママちゃんの心が段々強くなっていくのです。
最近では・・・・(笑)・・・な~んてね。

ステージママ

今だに・・・何故受かったのかわかりませんが、
ぼくちんはミュージカルに合格しました。
ダンスはモチロン、歌とかも習った事がありません。
ただただラッキーだったとしか・・・。

今もそのミュージカルを目指すお子さんが沢山いらっしゃいますが、
そのミュージカルに受かった途端・・・

「何処のダンススタジオで習ってるの?」

「歌はどこで?」


と聞かれるのですが、本当に答えられないのです。


すると


「しんじられな~い!!」
 


「何も習っていないで受かるなんて絶対無理だから!!」 


「きっと教えたくないのよ!!」 


「心狭いよね~」って・・・ 



 →  →  →  → 


本当の事なのに・・・何でそんな事言われなくちゃならないの?
そこで習ったからって受かるってわけじゃありませんから~~。

もし習っていたとして、教えたらそこに行くのでしょうか? 


・・・・・どう思いますか?


きっと…きっと…行くでしょうね。


この頃から

ステージママ」という言葉が流行始めたのだと思います。






かのえさん

そうですね、そうやってみんな大きくなっていくのです。
そして・・・さらにぼくちんは数々の困難に直面する事に・・・って
乞うご期待?(まだ何かあるのかい?←突っ込んでみました。)





かぁさん

かぁさんもですか?・・・遺伝かな?
姫は全然大丈夫なのですが・・・ 女の子の方が神経図太い?

4次オーディション

いよいよ4週目のオーディションです。
相変わらず映画のオーディションを受けてから、
ミュージカルのオーディションへと・・・。



ところがぁ~ 




困った事に・・・ぼくちん緊張しすぎて、吐き気と下痢??


そういえば結構デリケートな所があって、
プレッシャーを掛けると頑張るのですが、
掛かり過ぎると・・・

   吐き気と下痢・・・になるのです。

電車にのって行く途中、トイレ下車する事数回・・・

一応余裕を持って出たものの・・・さすがにこれ以上は・・・
あせるママちゃん!
おなか痛いと訴えるぼくちん!



確かミュージカルのオーディションにはダンスもあったはず。
こんな事でおなかに力が入ったらどうなっちゃうの?

な~んて心配している場合ぢゃ無い!!

取り合えず・・・ト・イ・レ 

やっと最寄の駅に着いた頃には、げっそりしていました。
でも・・・心配している暇も無く、タクシーで会場へ。
こんなのでやらせていいの?とママちゃんは思ったのですが、
「せっかくここまで残ったのだから・・・」
と、ぼくちんはオーディションを受けに行きました。



大人になったなぁ~?


ちょっと見直しちゃったママちゃんでした。




緊張するとおなかが痛くなる・・・
それは小4の時、学校で劇をした時から始まりました。
子役をやってるからって、主役に選ばれたのです。

初稽古の日
朝から下痢と吐き気で風邪でも引いたのかな?と思いました。
でも・・・、違っていたのです。
それは後になってからわかったのですが、
その日、お友達の前で初めて芝居を見せなくてはならず、
極度の緊張状態に陥っていたのです。

   で、

「お休みすれば?」って聞くと、
「今日は絶対休めない。」って・・・。
ところが、
学校から具合が悪いと電話がかかってきてしまいました。
迎えに行くと・・・


  そう・・・迎えに行くと・・・?


劇練習を体育館でやっていたらしくゾロゾロ生徒が出てきました。すると先生の一人がママちゃんに気が付いて
「さすが子役やっている事だけありますね。」って言うのです。
何とか上手く出来たのね。
ママちゃんは「ありがとうございます。」とだけ言い残し、
やっとぼくちんを探し出しました。
「迎えにきたよ。」って言うと、
「もう大丈夫だよ~っ!」ってとってもテンション高いじゃぁないですか?
不安因子が無くなったので、しっかり元気になっていたのです。


   はっ? 




ぼくちんが子役として活動しているのはお友達も知っています。
その前で芝居をするのは始めてで、
失敗したら?上手くできなかった?らとか、
評価が気になっていたのです。




デリケートなのね。 


それと同じ現象が実は、4次審査前にも起こったわけです。
プレッシャー掛けないとイマイチ頑張れないのに、
掛けすぎると大騒ぎになってしまう…ぼくちんなのでした。







プロフィール

ママちゃんより

Author:ママちゃんより
コメントの返事を公開して欲しく無い方は

koyakumama☆yahoo.co.jp
  ↑
☆を@に変えて下さいね。









最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。